サプリメントおすすめランキング

美容、健康、ダイエットなどお悩みの症状別に、自分に合ったサプリメントの選び方を掲載しています

良いか悪いかの判断基準

人は商品を見ない、評判を見る。
通販を利用する際によくあることです。
それしか判断材料がないように感じますからね。

でも、評判っていくらでも捏造できます。
周りが良いって言ってるから安心できる。
そんな考えは、ちょっと危険です。

物事には、良いか悪いかという判断基準はない。
どんな場合も「使いドコロ」があり、

「こういう人に、こういう目的で使って欲しい。」

 
というような、全ての商品には取り扱い説明書みたいなのがある。
 
通販のサプリは、「初回お試し」で安く体感できるところがあります。
きちんと商品を見た上で、自分には合ってるかどうか?判断していきたいところですね。

 
絶対的な良い悪いって無いんですよ。
自分の体質があって、自分がどのようになりたくて。何を必要としてるのか。
判断基準は、その人それぞれの視点で変わってきます。

 
周りに流されるのではない。
自分自身に目を向けることが大切です。


サプリ選びは面倒臭い

たいてい選ぶほうが大変だ。
飲むのは楽だが・・・

みんな、大変でしょ?
サプリメント選ぶのは、専門知識が間違いなく必要。

しかし、一般の方たちは「何となく」良さそう
という理由でしか選ばない人も居る。

 
数ある中から、「コレ!」ていうのを選ぶのは

とても難しいんです。
そして検証とか比較とか、すごく面倒くさいのです。

専門知識だけじゃない、もし人に選んで上げる場合は、
その人を見る力だって必要ですからね。

コレ以上余計な仕事を増やさないでおくれ(苦笑

まぁ、仕事があるだけ有り難いか。


特定保健用食品(トクホ)の判断基準

特定保健用食品とは、

参考リンク → 東京都の食品安全情報サイト

 
要約すると

「消費者庁が定める特定の成分」を含んだ製品について、
保健の効果があることの科学的根拠を提示し、有用性や安全性を認可されたもの。
そのマークを表示できる許可を与えられた製品が特定保健用食品。

 
特定の成分を含むことで、認可が降りるようですね。
しかし、その特定の成分が見事に横文字のオンパレード。
一般の人が見ても、その実態はよく分かりません。

 
ここで一つ注目すべき記述があります。

参考ページ内において、
「特定保健用食品よりも普通の食生活で健康を保つのが基本だ」という内容が書かれてます。
つまりトクホで安全性や効果を実証されても、その効能は普通の食事に勝ることはない。
とも言い換えることが出来る。

特定保健用食品は悪くはないけど特別いいものではないよ。
でも効果や安全性は保証するよ? というだけの表示だと見受けられますね。

 
しかし振り返ってみるとどうでしょう?

消費者の中には、トクホだから安心だ。安全だ。
トクホだから健康にいいだろう、買おう!
と、名前だけで判断してしまう人も多いようです。

なのでメーカー側はトクホ表示にするために、わざわざ商品の目的と合致しない成分を添加して
無理やりトクホの認可を得る商品もある。

 

なのでトクホってあんまり宛にならないのですよね。
この表示は、あくまで目安に過ぎません。

 
成分表示だけで選ぶと、色々と不正も見抜きづらくなります。
商品の目利きには、以下の様な栄養学以外の視点も必要。

例:ビタミンCの効果と食品による分類

 
その原材料は何処から来たのか?
どういったコンセプトで製品が作られているのか?

見るべき場所は其処です。