サプリメントおすすめランキング

美容、健康、ダイエットなどお悩みの症状別に、自分に合ったサプリメントの選び方を掲載しています

サプリ選びは面倒臭い

たいてい選ぶほうが大変だ。
飲むのは楽だが・・・

みんな、大変でしょ?
サプリメント選ぶのは、専門知識が間違いなく必要。

しかし、一般の方たちは「何となく」良さそう
という理由でしか選ばない人も居る。

 
数ある中から、「コレ!」ていうのを選ぶのは

とても難しいんです。
そして検証とか比較とか、すごく面倒くさいのです。

専門知識だけじゃない、もし人に選んで上げる場合は、
その人を見る力だって必要ですからね。

コレ以上余計な仕事を増やさないでおくれ(苦笑

まぁ、仕事があるだけ有り難いか。


特定保健用食品(トクホ)の判断基準

特定保健用食品とは、

参考リンク → 東京都の食品安全情報サイト

 
要約すると

「消費者庁が定める特定の成分」を含んだ製品について、
保健の効果があることの科学的根拠を提示し、有用性や安全性を認可されたもの。
そのマークを表示できる許可を与えられた製品が特定保健用食品。

 
特定の成分を含むことで、認可が降りるようですね。
しかし、その特定の成分が見事に横文字のオンパレード。
一般の人が見ても、その実態はよく分かりません。

 
ここで一つ注目すべき記述があります。

参考ページ内において、
「特定保健用食品よりも普通の食生活で健康を保つのが基本だ」という内容が書かれてます。
つまりトクホで安全性や効果を実証されても、その効能は普通の食事に勝ることはない。
とも言い換えることが出来る。

特定保健用食品は悪くはないけど特別いいものではないよ。
でも効果や安全性は保証するよ? というだけの表示だと見受けられますね。

 
しかし振り返ってみるとどうでしょう?

消費者の中には、トクホだから安心だ。安全だ。
トクホだから健康にいいだろう、買おう!
と、名前だけで判断してしまう人も多いようです。

なのでメーカー側はトクホ表示にするために、わざわざ商品の目的と合致しない成分を添加して
無理やりトクホの認可を得る商品もある。

 

なのでトクホってあんまり宛にならないのですよね。
この表示は、あくまで目安に過ぎません。

 
成分表示だけで選ぶと、色々と不正も見抜きづらくなります。
商品の目利きには、以下の様な栄養学以外の視点も必要。

例:ビタミンCの効果と食品による分類

 
その原材料は何処から来たのか?
どういったコンセプトで製品が作られているのか?

見るべき場所は其処です。


栄養学の限界を知る

栄養学の限界を知る

 

サプリメントを利用する方にとって

それに含まれる栄養成分について詳細に調べたり
何と何が有効で、自分には何の栄養素が足りてないか?
このサプリは、自分に必要な栄養が入ってるのかどうか

を重点的にリサーチしようとしますね。

 

サプリメントは、栄養学の基盤が合って考案されたもの。
多くのものがそうです。

『過去の参考記事』
現代栄養学について
ビタミンCの効果と分類

 
しかし、以下のような視点で考えると
なんか違和感を感じると思います。

この栄養学を元にした献立や食事風景の会話を想像してみてください。
かなりおかしなことになりますよ。

 
「ほら、今日のアスパラはビタミンCたっぷりよ。美肌にもいいの。
 豚肉のビタミンB1とタンパク質があなたの身体を元気にするわ。
 これを必須アミノ酸たっぷりの黒酢に付けて召し上がれ、これであなたは健康になるわ。」

 
食事風景でこんな会話されても困るでしょ?
でも、サプリのウリ文句はコレですよ。
あくまで栄養補助食品の位置づけですからね。

サプリというのが現代栄養学を元に開発されること自体、
何かを見落としてると思ってイイ。

 

普通に食事するときに、この栄養が自分に足りない。
だからこれを食べなくちゃいけない。なんて考える人は普通居ないわけです。

 
いやいや私、毎日栄養バランス考えて食べるもの選んでるよ?
っていう人も居ると思う。

しかし栄養学の観点で健康を気遣う人というのは、
自分の想いや欲求から湧き上がる意志ではなく、栄養学という足かせに支配されているだけ。
無理やり自分をそこに当てはめようと、
食事内容を考案するのに多大なエネルギーを浪費してるわけです。

 

この徒労が如何に無駄なものなのか。
よくよく考えれば、実感できる人もいると思います。

 
当サイトはサプリの選び方を指南する目的で作りました。
殆どの方は、栄養学の観点で物事を見ます。

しかしそれらの視点で足りない、または考えの至らない部分を
当サイトのコンテンツでサポートするつもりです。

 

具体的に例を上げましょう。
食卓に上る言葉のイメージを、ここに再現してみます。

「このアスパラは隣のおばあちゃんが大切に育ててくれたものよ。
 私たち家族のために分けてくださったの。
 豚肉は今日市場に出回ったばかりの新鮮な肉よ。きっと美味しいわ。
 実家の特産品『黒酢』で、ありがたく頂きましょう」

 
どっちか自然に受け取れますか?
どっちがより、食べ物の栄養を有り難く受け取ろうとするでしょうか?

サプリを選ぶ基準には、こういう視点も問われるのですよ。
多くの人が無視してるけど、大切なことです。
 

サプリにおいて、効果をもたらさない原因は2つある。

・一つ目は、サプリ自体の効能が薄い場合。(化学的なビタミン剤がコレにあたる)
・もう一つは、それを飲む人たちがサプリの栄養素を生かし切れない場合。

下の例は例えるなら
海外の文章で書かれた「Health & Beauty」が、私たち日本人には伝わりづらい。
といった例に相当します。

 

日本人には日本語で書かれた「健康と美容のすすめ」をもってくるのが筋でしょう。
サプリと飲み手の関係には、適切なマッチングが必要となってきます。

両者を繋げるのが、私たちサプリの仕事に関わる人の役割です。
そしてそれは、現代の常識とされる栄養学の観点だけでは不十分なのです。

最も大切なのは、自分自身の在り方にもっと関心をもつこと。

他人の決めた尺度や常識に振り回されるのではなく、
判断するのは、いつも自分自身の体調の変化や、食べたものに対する意識ですから。